心理占星術と未完成な日々┃nicosmic life

自分自身が納得できる人生を歩むために、ホロスコープの構造を利用する

「分析に対する抵抗は、分析家自身の抵抗である」己を知り、学びを深める ~7/20(土)心理占星術ホロスコープ実践読み講座スタート 

まずは先日行われた職業占星術のモニター鑑定の感想から。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

心理占星術の鑑定は、うわべの御託を並べ立てて自己欺瞞しているところをひっくり返されて、「そこ!」という勘所、死角になっていた心の真実を言い当ててもらえる痛快さが感じられます。「言われてみればそれ以外に何があるの?ってくらい自明なことだ…(なのになんで言われるまでわからなかったんだ…)」といつも思います。

最後のミッドポイントの部分では、本当に私の心の深い部分について言い当ててもらった感じがあって、これからの道しるべになるようなコアの部分、くじけそうになった時に思い出して再び立ち上がるためのともしびになるような言葉をたくさんもらいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
心理占星術の現場は、個人の奥のほうにしまわれている大事な小箱を開けるような、そんな驚きや温かなぬくもりを感じることがあり、また、個人の中で眠っていた未開発の象徴たちが分析によって目覚め、連鎖し、新しい物語を紡ぎ、未来の可能性をひらいていく、そういった営みに感動することもあります。

こうした瞬間に立ち会うことは、とても素晴らしいことだといつも感じているので、皆さんにもぜひ現場を体験してもらいたいと思っています。 

 

占星術は難しい! という声をよく耳にします。確かに習得まで時間はかかるかもしれませんが、人の人生を考える学問ですから、多少は覚悟して学ぶことは避けては通れない道なはず。学ぶほどに味わいが深まると信じ、マイペースに続けていきましょう。

 

ということで、7/20(土)から始まる心理占星術ホロスコープ実践読み講座のお知らせです。

 

生徒のMさんからのコメントです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実践読み講座は、ホラリー&コンサルテーション講座と同じくらい大好きな講座で、音声だけ録音して、毎日出勤時に車の中で聞いています。
7月から新しい講座がスタートするとのことなので、ぜひ受講させてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ありがとうございます。

実践読み講座、私もとても大切にしている講座です。理由はいろいろありますが、今日の表題「分析に対する抵抗は、分析家自身の抵抗である」という精神分析ジャック・ラカンの言葉にあるように、実践読み講座は、自分と向き合う学びになるからです。

 

象徴を言葉にするのは、誰にとっても難しいことです。でもその難しさは、単に勉強が進んでないとか、知識が足りないということ以上に、言葉で自分の考えを表現することが難しかったり、自分の心に自分でも気づかない閊え(つかえ)があったりするのです。

 

象徴というのは、まさに自分の中に何かしら暗部があると、うまく言語化できない性質がある。だから人によっては、何年も学んでいるのに射手座のことがうまく言語化できない、火星のことがよくわからないといったことが起こるのです。

 

ホロスコープ実践読み講座では、お互いを分析し合うという時間をたくさん設けます。そこで自分自身と出会い直し、自分を知り、自分を利用する、そういった学びが開始されることになるのです。

 

また、ホロスコープ実践読み講座は、私のどのクラスよりも「最新」の象徴解釈が提供されています。他の講座、研究会、ワークショップはもちろん、「今」の鑑定の現場で得られた知見がそのまま生かされるからです。

 

ホロスコープリーディング

☆トランジット、セカンダリプログレッション、ソーラーアーク

☆関係性の力学

 

これらホロスコープ実践読み講座で行う学びの隅々まで、「今」を生きる人たちが必要としている言葉と解釈にあふれています。

 

ぜひ皆さんと楽しく学んでいけたらと思っています。20日からどうぞよろしくお願いします!

 

 


www.youtube.com

 


www.youtube.com