心理占星術と未完成な日々┃nicosmic life

自分自身が納得できる人生を歩むために、ホロスコープの構造を利用する

2024-04-01から1ヶ月間の記事一覧

4/30(火)は火星ワークショップ牡羊座期!火星とは何ぞや、火星手帳の使い方、円安、生き方の技術、他者の欲望、スタートのために必要な話いろいろ

昨日は、恐らく我々が生きている間では最後となる魚座での火星海王星のコンジャンクションを過ぎ、いよいよ火星は魚座の30度へ。明日、牡羊座へとイングレスします。 先日の生き方働き方研究会で歌手の中島みゆきと、政治とカネの上脇教授のチャートを読みま…

火星サイクル手帳はお手元に届きましたか? 火星サイクル手帳が届いたら最初にやってほしいこと 

ひとまず発送を終えホッと一息。 休日明けには皆さんの手元に届く予定ですので、もう少々お待ちください! 今回の手帳はくまのさん作の表紙、特に多様な赤、そして地球の青緑がとても印象的なので手に取るだけでテンションが上がるのではないかな。 また、14…

生き方働き方研究会は、象徴が新しく生まれる現場 正解はない、ホロスコープ=人物の才能の最大値を探りながら読む作業をとことんやる

4/28(日)14時は生き方働き方研究会です。 今月の内容はこちらになります。 ①中島みゆきの魅力と才能 ②上脇博之教授の政治とカネへの執念はどこから来るのか ③藤圭子と宇多田ヒカルの親子の力学 おー!なんと盛りだくさん! 前回の建築家シリーズが面白すぎ…

【火星サイクル手帳】明日から発送開始!火星サイクルスタートの5/1にはお手元に届くよう、お申し込みはお早めに!

火星サイクル手帳は、明日から順次、発送作業に入る予定。 火星サイクル手帳スタートの5/1には、皆さんのお手元に届くよう作業をさせていただきますので到着をお楽しみに! 2024年火星サイクル手帳の予約特典として 2年に一度のnicoの特別鑑定プランに加え…

火星サイクル手帳は最後の1頁 26度ー30度のテーマは「受容」 魚座の意味合いと共に、この2年で体験した喜びも悲しみも、獲得した力もできなかった後悔もすべて自分に引き寄せて味わい尽くしてみたい

昨日の勉強会では、うっかり涙ぐんだりして、ついエモーショナルな出来事に心が揺れたりもしていますが、それでも火星サイクルは最後の5度の運行を始めました。火星サイクル手帳も最後のページになりました。 火星サイクル手帳ユーザーの方はご存じの通り、…

nicoPLANET牡牛座期号①不動サインは季節の極まり。盛春にあなたは何思う 「みんなの勉強法」が久々の更新!心理タロットの新しい試みも始まったよ

昨日の勉強会は、かなり充実した時間となりました。みんなでこういったことを言語化できる時間っていいな、楽しいな。それぞれの考え、その言葉たちが生き生きしていて、聞きながら私のあちこちが喜んでいるのを感じました。 勉強会の詳細は後日、もう少しし…

2つの勉強会 4/23(火)月イチ勉強会は春分図を振り返り、自分のこれまでとこれからを考える 4/27(土)心理タロット勉強会は太陽イングレスチャートとタロットの不思議な関係を考える

今、nicoPLANETの記事を書いている真っ最中。なので、頭の中は時期読みモード。星宙百景の「おさらい編」の記事は、私の趣味の一つ。自分が読んだチャートをあーだこーだと検証、加筆修正していく作業は、けっこう楽しい。「あーこんなふうに読めたのか!」…

火星サイクル手帳2024 ついに予約開始しました!できれば親しい人と一緒に始めてほしい ときに人生は孤独だけれど、お互いの旅路を見届け合えるといいね

ついに!予約開始しました! ようやく私の手を離れてホッと一息。 次期火星サイクル開始日の5/1には、皆さんのお手元に無事届けることができそうです。本当によかった… 2024年5月1日から2026年4月9日までの火星サイクルを、イングレスチャートを読むというか…

【火星サイクル】これで最後の最後 魚座火星・海王星のコンジャンクションを見逃すな! 美しさも理不尽さもごちゃまぜに体験し、自分自身のあらゆる心の動きの瞬間を見守る

昨日の実践読み講座、おつかれさまでした! 今回も受講生の皆さんからのレポートのおかげで、新しい関係性の力学を考える機会をいただきました。 どのような関係であっても、例えば、たった数時間の出会いであっても、または、小説や詩、音楽などの文化的な…

【時期読み占星術】生きた象徴とは何ぞや 個人に起こることは、何らかの社会での出来事につながっているという「今まさに同じ時間を生きている」と実感 当たる当たらないを超えて、積極的に象徴の意味を更新していこう!

週末は、時期読み三昧。 Uさんから、こんなメッセージが。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ nicoさんよくおっしゃる河合隼雄先生の「社会の痛みは個人の痛み」とも通じることですが、同じように世の中に起こっていることと星の動きは(こじつけか…

【火星サイクル手帳】The Beatles「Fool On The Hill」人はあんたの話なんかに耳を貸してくれないかもしれないけど、自分なりの知性の目で世界をながめようではないか

次の手帳も楽しみだけど、あと数週間でおしまいだと思うと、2年お世話になった火星手帳もなんだか名残惜しい。 くまのひでのぶさんのこちらの作品を表紙にする決め手になったのは、木の横にいる旅人の存在のため。まさに「火星の旅」にふさわしい人物だ!っ…

【火星サイクル手帳】次の火星サイクルスタートまであと30日!新しいサイクルを気持ちよく迎えるための3か条は意識できてる?

今日は火星サイクルのお話し。 最近の鑑定では、次期火星サイクルを利用したスケジューリングを提供することが増えてきました。「次の2年は大事な年になる」「さあ、自分をどう生かすか」そんな話ばかりしています。職業占星術講座のモニター鑑定でも、次の2…